『さるぼぼ』日記
夢クリニックで不妊治療を始めました。赤ちゃんが来てくれるまでの不妊治療の記録と日々の出来事を書きたいと思います。 夢クリニックで治療されている方、不妊治療されている方、いろいろお話しましょう!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2/26日は移植予定日で無事移植してきました
すぐUpしたかったのですが、胚盤胞で移植した場合、1日で着床すると聞いていたので、
2日間PCにさわるのを禁止にしてなるべく安静にしていました

これからまた遊びに行きたいと思います


26日は旦那さんもお仕事を休めそうだったので、一緒に行ってもらいました。

車で行ってみたのですが、平日の朝は渋滞がすごくて、8:30に間に合わなさそうだったので
途中で降ろしてもらって、電車で駆け込みました
(ほんとにギリギリ8:30の受付になってしまいました~笑
余裕をみて2時間前に出発をしましたが間に合わなかったです


採血の後、ブログでお友達になって頂いたメイさんとご挨拶しました
私がHR周期移植のスケジュールが貰えないと言っていたのを心配してメールをくれたのです
(ほんとうにありがとうございました

メイさんにスケジュール表を貸してもらって、診察のときに院長先生に

「コレはお友達から貸してもらってきたのですが、同じものを頂けますか?」

とお願いしてGetできました~
自分だけもらって無いと思うと心細かったので、安心しました


診察ではいきなり
「じゃあ移植になります」

とのことで、院長先生が凍結できた卵ちゃんの写真を見ながら決めてくれました

「この2つは同じくらいだけど、ちょっとだけこっちがいいかな~、どうかな~、、、こっちにしよう!」

との事で、5日目胚盤胞でG2の卵に決まりました


後から看護士さんから移植の説明を受け、お薬を確認して一回外出となりました。

外出前にメイさんとお話に戻ったら同じくブログのお友達のりりさんにもお会いで来ちゃいました
1日に2人にお会いできて幸せな日でした

車は必要なときに路上パーキングに停めて、後は旦那さんが乗って待っていてくれたのですが、
待っている間に結構駐禁の見回りが来たみたいです
車で行かれる予定がありましたら気をつけてください。


外出OKだったので、受付でお金を預けてから
旦那さんと鳥森神社にお参りによって
お昼を食べに日比谷シティのイタリアンに行って帰ってきました。
(看護士さんにもちゃんと食べてきてくださいと言われていたので結構食べたのですが、
移植の時に子宮が良く見えるようにすっごい押されて、全部出ちゃうかと思ってしまいました笑


夢クリに戻って12:30すぐに培養士さんから、1番に呼ばれて

「融解した卵をAHしたのですが、戻りがいまいち遅いので、先生からもう一つの卵をという指示がでています、良いでしょうか?」

とのお話でした、、、

「その場合、この卵はどうなるのでしょうか?」

と伺ったら

「1つ目の卵も遅いだけで戻っていないわけではないので、このままちゃんと元の大きさに戻れば再凍結できます、何度もやっていますし、その卵で赤ちゃんが出来ている人もちゃんといるのでこのまま大きくなれば大丈夫です。元に戻らない場合は移植しても育たない卵だったと言う事になります」

とのことでした。
言えることは

「お願いします」

だけでした。。。

「これから始めるので、あと3、40分掛かると思います、3階でこのままお待ちください」

とのことでしたが、おもわず下に行って、旦那さんに慰めてもらってました。

3階に戻って待っていると、次々皆さん移植の為に5階に行っていてうらやましかったです

13時30分過ぎにもう一度呼ばれて

「やはり2個目の方が、戻したばかりなのではっきりとは分からないのですが、戻りが良いのでこちらになるとおもいます。これから経過を見て最終的に先生が移植の時に判断します。」

との事でした
3階で待っている間にいろいろ考えてしまい

「2個戻すという選択肢はないのでしょうか?」

と聞いてみたら

「それは無いです。今双子は自然にできた場合以外は、不妊治療の副作用というくらい問題になっています。本来人の体は1人の赤ちゃんを育てるスペースしかないので、2人になると早産やいろいろな危険が出てしまいます。その危険をわざわざ侵す必要は無いと思います」

との事でした。夢クリではよほどのことがないと2つ戻すことは出来なさそうです。
(でも捨ててしまうことになるなら戻してあげたいな、と思ってしまいました


そのまま5階に行き、落ち込みながらも「夢ノート」を見ていました。
いろいろな人の気持ちが書いてあって、私も頑張らなければと励まされました。
書いては来られなかったのですが、いつか私も書きたいなと思いました。

移植は卵の戻るのを待って最後のほうでした、
移植自体はほんとにあっという間でした
始めに先生から

「1個目の卵の戻りが良くないので、2個目に融解した卵を戻します」

と告げられ、消毒の後子宮がよくみえるようにと看護士さんからお腹を押されながらもどしました
押される事が一番辛かったです

看護士さんが色々教えてくれるのですが、それより早く終わってと思ってしまいました

でもばっちり子宮に戻すところは見てきました!
(どうか無事くっついていてくれますように


安静も無いのでそのまま着替えて、看護士さんに

「1個目の卵は無事再凍結できましたか?」

と聞いたら、培養室に電話してくれて

「これから経過を見て大丈夫なら凍結となるようなので、結果は明日の朝10時以降に電話してもらったら分かるとかと思います、次回の来院日に聞いてもらっても良いです」

との事でした。

移植が終わった直後は、卵ちゃんが駄目になってしまったと聞くのは辛いので、判定日に聞くほうが良いかな?と思っていたのですが、時間がたつと、駄目だった場合Wで辛いのは厳しすぎるかもと思ってきています。
(どうしよう、、、後何日か過ごしてからやっぱり電話で聞こうかな


移植して3日目ですが、体調の変化はほとんどありません
お手洗いに良く行くかな?という事と、お腹が時々痛いかも?とも思うのですが、
気のせい?良い兆候??悪い兆候???とハラハラしています。
とりあえず(今回は)絶対安静で頑張ってみようと思っています

書き忘れましたが、移植した卵ちゃんは5日目胚盤胞G3でした。
大きさは190㎜(1個目は120㎜でこちらの方が大きいようです??小さいほうが大きいの??)
AH 有
当日のホルモン値は
E2 143 P4 0.6 FSH 2.9 B-HCG 0.0
内膜は10㎜でした。

判定日まで、病院で頂いた写真をみながら、卵ちゃんを信じて一生懸命応援していきたいと思います


長くなってしまいました
読んでいただきありがとうございました

スポンサーサイト
A Trial Product's ・ 素材通り ・ Wisteria Field
Template designed by haruko-mai
Copyright (c) 2006 haruko-mai All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。