『さるぼぼ』日記
夢クリニックで不妊治療を始めました。赤ちゃんが来てくれるまでの不妊治療の記録と日々の出来事を書きたいと思います。 夢クリニックで治療されている方、不妊治療されている方、いろいろお話しましょう!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年5月より、仕事を辞めて不妊治療を開始しました病院29歳でしたキラキラ(オレンジ)
結婚して1年がたち、もともと生理不順で半年に1回あれば良いほうだったので、妊娠するはずもなく、小さい頃からかかりつけのお医者さんの所に行き、市立病院を紹介してもらいました。(もともとこのかかりつけの先生に生理不順の相談もしていたのですが、結婚してからで大丈夫と言われていました、今思うとこれが間違いだったのかなー、今この先生は高齢の為か病院を終わらせてしまい、もう会うことも出来なくなりましたがっくり今会えたら責任とってーって言いたい、言ってもしょうがないけど、せめて赤ちゃんができるまで辞めないで欲しかったですorz

市立病院ではPCO(多嚢胞性(たのうほうせい)卵巣症候群)と診断され、卵管造影、クロミッドを飲んでのタイミング、HMG+HCG注射でのタイミング、AIH1回、メトフォルミンという糖尿病に使われるカプセルを飲んで自然排卵を待つ等等1年間ほぼタイミング指導をして頂きましたが妊娠できず、体外受精という言葉が担当医から出てきました汗

最初は病院へ行けば簡単にできるだろうと思っていて、体外受精をするなんて考えてもいませんでした、た高いし出費。でも何度も何度もタイミングで撃沈し、自分は妊娠することが出来ないのではと思ううちに、体外受精がどんなに高くて痛くて辛い治療でも早く赤ちゃんが欲しいと思いました(もちろん予算に制限はありますが、、、汗;

このまま市立病院で体外受精をするか、不妊治療で有名な病院にいくか悩み、市立病院の先生と上手く意思疎通ができなかった事(無口な先生で嫌いではなかったですが恐かった↓↓)、限りある治療なら、後悔しない病院に行こうと思いKLC(加藤レディースクリニック)と夢クリニックで悩みましたが、説明会で夢クリニック院長先生の話し方が信頼できたので、夢クリニックに通うことになりました病院(この時も1回でできたらKLCの方が安いよなーとか、今思うとのんきなことを悩んでいたなー笑

今でも時々前の病院で体外受精していれば今頃出来ていたのかなーと思うこともありますが(ほんとグズグズする子なのです怒)、夢クリニックの院長先生大好きなので、信じてガンバローと思います

スポンサーサイト
ブログ始めました。初めてのブログなのでわからないことだらけで焦る3
明日から少しずつ書いていきたいと思いますにっこり
不妊治療が少しでも辛くなくなりますよーに沢山のお友達ができますよーにそしてやっぱり一日もはやく赤ちゃんが来てくれますよーにさるぼぼ
A Trial Product's ・ 素材通り ・ Wisteria Field
Template designed by haruko-mai
Copyright (c) 2006 haruko-mai All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。